登壇企業検索

企業情報

会社名 株式会社ピープルメディア
代表者名 硴崎 薫
所在地 〒8120046 
東京都台東区下谷1−11−15 ソレイユ入谷5F
電話番号 03-3845-1051
FAX番号 03-3845-1052
URL http://www.peoplemedia.jp/
メールアドレス kakizaki@peoplemedia.jp

登壇内容

タイトル 電子地図と電子メールを統合した災害時安否確認システム
登壇日 2006.01.26
事業区分 情報・通信(インターネット関連含む)
目的 販路拡大 / 業務提携
キャッチフレーズ 電子地図と電子メールを統合したコミュニケーションシステム
事業概要 日本国内では、地震や水害などの自然災害が頻発しており、いつ、どこで企業・団体が被災に直面してもおかしくない状況である。内閣府、総務省、国土交通省など国をあげて、災害等緊急事態対応の強化の政策が打ち出されており、民間企業においては防災対策の仕組みを早急に整備することが必須となってきている。
防災あるいは被災後の適切な対応を行うためには、迅速で正確な社員の安否確認と事業所や作業現場の情報収集や、これらの情報の社員間での共有化が極めて重要であり、業務の継続や早期の再開に大きく影響する。
ピープルメディアは、災害発生時の社員の安否確認等の危機管理業務を支援する「ANPIX」を提供する。本システムには社員などに対する、電子メイルを利用した安否確認や災害に対応した指示などのコミュニケーションを組織的に実施するための機能が組み込まれている。また、このようなコミュニケーションで得られた多様な情報を、自動的に電子地図上で場所に関連付けて取りまとめ、状況把握や様々な意思決定をビジュアルに支援できるようになっている。本システムは、PC用のスタンドアロンシステムとして構築されており、低コストで導入できるため、費用に制約のある企業E団体でも活用することが出来る。
新規性 ANPIXは、数々の災害で情報交換の有効性が確認された電子メイルを活用し、社員の安否確認と現地の情報収集を行い、電子地図を使って被災状況等をビジュアルに取りまとめることができるところに最大の特長がある。
 
【ANPIXの特長】
■簡単操作で社員の安否情報を迅速に収集し集中管理
災害の種類に応じて、発信する文言のテンプレートが用意されており、社員に対して簡単に、安否確認のメイルを自動送信し、返信メイル(自らの安否、出社可否、家族の状況、家屋の状態など)を収集することができる。家族や顧客からの問い合わせにも迅速に対応可能。
  
■安否情報の電子地図上でのビジュアル化
社員の居住地や現在地が電子地図上にプロットされるため、最寄の社員の検索や被害地域の確認がビジュアルにわかりやすく、素早く行える。
   
■安否情報のレポートの自動作成
社員毎の安否情報リスト(自らの安否、出社可否、家族の状況、家屋の状態など)の電子地図上へのマッピングイメージをレポートとして自動作成できる。

■被災情報等の配布共有
地図やリストとして作成されたレポートを電子メイルで配布・共有できる。

■平時での活用
平常時には、社員に対キる各種の周知業務に活用できる。

■低い導入・運用コスト
スタンドアロンシステムとしてパソコンに簡単に導入できるので、サーバー構築型システムと違って、設置・運用の手間、費用負担が少ない。