登壇企業検索

企業情報

会社名 有限会社バイオス
代表者名 瀧口 秀明
所在地 〒8060081 
福岡県北九州市八幡西区小嶺1−7−7
電話番号 093-614-3361
FAX番号 093-614-3362
URL http://www.bios.gr.jp http://www.yougotmail.co.jp
メールアドレス boss@bios.gr.jp

登壇内容

タイトル ストリーミング対応型カスケード式動画配信システム
登壇日 2002.05.22
事業区分 情報・通信(インターネット関連含む)
目的 資金調達 / 業務提携
キャッチフレーズ ピアツーピア・ネットワークを応用した高画質動画配信システムの開発
事業概要 弊社が開発をする「ストリーミング対応型カスケード式動画配信システム」は、次世代インターネットの具体的な形であるピアツーピア・ネットワーク(ピアとは仲間を意味する)を応用した物で、既存のインフラを変更することなく、インターネット上で高画質動画をストリーミング大規模配信する際の問題を解決するものです。デジタルハイビジョンやDVDの画質を数百万人に同時配信可能な技術は、ブロードバンド・ユーザー並びに、ストリーミング・コンテンツ・プロバイダ待望のブロードキャスティング(同報通信)技術です。現在のインターネットの構造では、同一のコンテンツを各々のユーザーに個々に配信するため、一度に大勢の利用者が訪れると、中央サーバの機能がダウンしてしまいます。インターネット博覧会の開幕で予想を越えたアクセスが集中して回線がパンク状態になり、動画ページを削除して対応した事実は、この事を裏付ける例となるでしょう。世界最高水準のインターネット高速アクセスを実現する「ブロードバンド」時代が要求する物は、大容量データ配信に伴うトラフィック負荷を低減し安定した通信ネットワークを安価に構築する技術です。
新規性 ウエッブ上での高画質動画の有料配信を目的としているため、配信の中断を抑止する方式と1回線での多チャンネル放送を可能にする技術は著しい新規性を持ち、他社の追従を許さない強力かつ高機能な動画配信技術です。「カスケード式動画配信システム」とは、直列化(カスケード)を基本とした動画配信ネットワークです。クライアントはアクセス順に直列に配置されて視聴者兼中継局となり、基本配信ルート(メインパス)を通じてコンテンツを視聴すると同時に下流の視聴者へ動画の配信を行います。また、全てのクライアントは、上流の中継局が接続を切断した際に速やかに新しいメインパスを構築するための予備配信ルート(代替パス)を保有します。さらに特筆すべき点は、コンテンツを分割・変調して配信を行うため、余った帯域部分に別のコンテンツを挿入することにより多チャンネル放送を可能にしますのでよりエンターテイメント性の高いサービスを提供することができます。