登壇企業検索

企業情報

会社名 異島電設株式会社
代表者名 異島 洋
所在地 〒8030981 
福岡県北九州市戸畑区新池3−3−18
電話番号 093-881-7725
FAX番号 093-881-7726
URL http://www.alphatec.or.jp/~m-ijima
メールアドレス ijima@ijimads.com

登壇内容

タイトル 食品製造残さの食品化・飼料化リサイクル事業
登壇日 2000.09.19
事業区分 環境・リサイクル・産業廃棄物処理
目的 資金調達 / 販路拡大
キャッチフレーズ 乾燥オカラリサイクル機器の製造販売および二次製品の製造販売
事業概要 産業廃棄物処理法に伴い、生オカラの処理に困った豆腐組合理事長より相談を受け、
当社で研究開発に取り組んだ結果、攪拌式オカラ乾燥機の完成に至った。生オカラを、大手豆腐業者は一部飼料にし、残りは焼却処理。また、一部乾燥させ重量を減らし焼却処分しているのが現状である。弊社の乾燥機は、コゲを生じず二次製品としてリサイクルが可能である為、焼酎・酒・青汁等の絞り粕とブレンド乾燥させ飼料や養殖魚の餌に再利用できる。平成12年6月北九州エコタウン事業の一環で、リサイクル実証研究の承諾をもらい、響灘エコタウン実証研究センター内に「乾燥オカラ実証研究センター」を建設し、本格的に環境関連企業として進出。                                                          
新規性 攪拌式オカラ乾燥機の完成に供い、今まで大半が廃棄処分の対象になっていた生オカラの栄養分を損なわず長時間保存でき、輸送運搬も安易になった。この乾燥オカラには焦げが生じていない為、食用はもとより飼料としても再利用できる。また海洋投棄が全面禁止となる焼酎廃液等も、この乾燥オカラを利用する事により短時間で乾燥でき、焼酎廃液中に含まれるたんぱく質も壊すことなく乾燥できる為、飼料や肥料として最適である。これこそ、資源循環型社会への第一歩である。
 弊社の目指す装置のコンパクト化により、中小の豆腐製造業者や酒造業界への安価で高質な商品提供は、充分市場のニーズが広がる。環境リサイクル事業の必要性、将来性に着目し自動処理システムの開発は時代に即し競合力もあり、新規性充分な事業である。弊社の乾燥機は豆腐の搾り機より圧送機を使い、直接乾燥できる為、乾燥作業が終了するまで無人でホッパーに集積できる。他社の機械は搾り機から、直接乾燥出来ない為、乾燥作業に専任の人件費がかかる。他社の乾燥機で乾燥した製品にはコゲを生じ、飼料等には適さない。しかし、弊社の乾燥システムは圧搾された食品滓の表面のみならず、内部の水分及び油分まで確実に蒸発でォ、比較的短時間で充分かつ均一に乾燥することが出来るので動物が好んで食する、良質の飼料等を製造することが出来る。