FVM大賞2017受賞企業が決定しました

フクオカベンチャーマーケット大賞2017

福岡県ベンチャービジネス支援協議会では、優れたビジネスプランと経営手腕により、顕著な事業実績をあげた企業や今後の成長が期待できる企業に対し、受賞企業のビジネス展開をさらに支援することを目的に、2008年に「フクオカベンチャーマーケット(FVM)大賞」を創設し、表彰を行っております。
FVM大賞2017では4社が受賞。いずれも、独自の新製品や新サービスを展開しており、今後、更なる飛躍が期待されます。

<大 賞>
優れたビジネスプランと経営手腕により、顕著な事業実績をあげ、その成果が登壇企業の範となるもの

<優秀賞>
大賞に準ずるもの

<特別賞>
過去1年間にプレゼンテーションをした企業のうち、優れたビジネスプランであり、今後の成長が期待できるもの

 ※優秀賞については該当なし

01


ta_f01
株式会社Fusic
代表取締役社長 納富 貞嘉 氏
1978年福岡市生まれ。福岡高校・九州大学工学部・同大学院システム情報科学府修了。
大学院在学中に友人(現副社長の浜崎)と起業し、2003年「株式会社Fusic」を設立。
福岡・東京を中心にIoT関連のWebシステム、スマートフォン・タブレットのアプリケーション開発などを数多く手がける。
早い段階よりクラウドに着目し、Amazon Web Service(AWS)において、九州初のAWSアドバンスドコンサルティングパートナー認定を受けている。
ta_p01『高い技術力、自由な発想での海外向けサービス展開』
福岡・九州において唯一無二の多様な技術を提供するIT企業になるとともに、現在展開中の360度評価支援システム、IoTツール、EC(インターネット通販)ツールにおいては福岡から海外市場を視野に入れたサービス展開を目指しています。
我々の多様な技術で1社でも多くの福岡・九州の企業がITを活用した経営を実現し、飛躍することを支援すると共に、自身もより新しい技術を取り入れ成長していきます。


ta_f01
株式会社スカイディスク
代表取締役社長 橋本 司 氏
1975年生まれ、北九州出身。長崎大学卒業後、
自動車メーカーで自動車部品の研究開発を行い、27歳でシステム業界へ。
2010年九州大学博士課程に入学し、人工知能の研究に従事。
10数年のシステム開発の実績と大学での研究成果を元に、
2013年スカイディスクを設立。
ta_p02『使いやすいワンストップIoTプラットフォームの実現』
IoTソリューションに必要な「センサデバイス」「通信システム」「データ蓄積クラウド」「AI分析・学習モデル」をワンストップで提供。
デバイスからサービスまで、一貫して開発することで開発コストを削減し、多様性のあるIoTソリューション導入を可能とします。

01


to_f01
株式会社Waris
代表取締役/共同創業者 河 京子 氏
1984年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科卒業。
2007年 株式会社リクルートエージェント(現リクルートキャリア)入社。
法人営業や営業企画を担当後、リクルートキャリア在籍中の2013年4月株式会社Warisを設立。
2014年6月にリクルートキャリア退職し現職。
2016年4月活動拠点を福岡へ移し、リモートで経営・営業統括を行いながら福岡にてサービスを展開中。
to_p01『キャリア リ・スタートアップ事業「re;tryプロジェクト」』
キャリア断絶中の元ハイキャリア女性の再就職支援事業。
インターンシップ期間を設けることで、”お見合い”をしたうえで最終的に採用/入社するか判断可能。
企業・女性の双方が、不安を解消したうえで採用・入社することができる。


yu_f02
有限会社BOND
代表取締役 古川 ひろ美 氏
九州産業大学芸術学部卒業後、父親が1950年に創業した古川印刷に入社。
2006年に社名をBONDに改名し代表取締役に就任。
今後ネット上に利用者が集まることで動画によるコミュニケーションが一般的になると予想し先行投資したことで、独自AI(人工知能)を組込んだ迅速簡単な映像(番組)作成・双方向対話など「人の心を掴む伝達ツール」のソフトウェアメーカーとして生まれ変わる。
2013年MIT-VFJ優秀賞・2014年DBJファイナリスト表彰など。
to_p02ビジネスを動画で動かす「人口知能 Smartavatar®」』
クラウド型・ダイレクト描画でも、簡単迅速に映像(番組)を生成・配信・双方向通話を実現する。
各業界とアライアンスを組み動画コンテンツの需要・情報周知・意思疎通の問題を解決。
言語や画像から感情感性豊かな映像(番組)動画が迅速にできる「画期性」、コミュニケーションに障害がある人体にハンディがある人も皆平等に活躍できる「社会性」、簡単にネット上に動画を発信し合え用途が無限大になる「拡張性」が高く評価されている。
(特許取得済)